RSS Twitter Facebook


« 2019年06月 | 2019年07月のアーカイブ |

2019/07/04

Chromium版Edgeはどんな様子なのかな?


そう言えば Chromium 版 Edge の今の様子ってどうなのかな、という事で入れてみました。

Edge Insider のページで3つのチャンネルが用意されていますが、Beta チャンネルはまだ準備中で、現在使えるのは毎週更新される Dev チャンネルか毎日更新される Canary チャンネルです。

https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download

ちょっと触った感じでは、各種アイコンが今までの Edge ぽいとか、アドレスバーで適当に検索した時に Bing に飛ぶとか、デフォルトのフォントがちょっと違うとかいう点は目に付きますが、今までの Edge と Chrome のどちらに近いかと言えばやはり Chrome っぽい気はします。

ただ設定画面 ( edge://settings ) は Edge の方が項目ごとに整理されていて使いやすそうに見えます。

機能面では、ここ数日いじっていた APNG もちゃんと動きますし、WebAudioAPI も Chrome と同等、また WebMIDI API も Chrome と同様に動きます。良いですね。

癖の強すぎた input type="range" も今は Chrome と同じ look&feel です。



たしか数年前に Web Audio クラスタの一部で「 Edge に WebMIDI APIを実装してほしい 」というリクエストを Microsoft に送るブームがあったりしたのだけど、まさかこういう形で実現される事になるとは予想していませんでした。

アドレスバーに 「 edge://flags 」と入れると「chrome://flags」で見た事があるようなフラグ一覧の画面が出ますのでここで 「edge」で検索すると今 Microsoft で手を入れている最中と思われる機能が一覧できます。

「 OpenVR hardware support 」とか「 XR device sandboxing 」なんてのがありますね。Microsoft はこっち方向は力を入れるんでしょうね。

それから「 Microsoft Edge tracking prevention 」は数日前ニュースに流れていたトラッキング防止の機能。Chrome では単にトラッキング拒否リクエストのオン/オフだったのが 3 段階の設定になっているようです。

他には「 Enable Development API for IE mode 」とか。あまり関わりたくはないけど、これが噂の「 IE モード 」ですかね。これに関しては Microsoft も大変だな、としか。

という事で、Edge が Chromium 化する日も近くなってきましたが、この先どうなるのかはさっぱりわからないですね。レンダリングエンジンの多様性が失われる事の危険性に言及する人もいつつ、取り合えずクロスブラウザの互換性問題で悩む人は減少するのでしょうけど。

posted by g200kg : 4:30 AM : PermaLink

2019/07/03

APNG アニメーション : APNGBuilder 公開


https://github.com/g200kg/apngbuilder

複数のPNG画像からAPNG アニメーションを作成する Javascript ライブラリ、「APNGBuilder」を公開しました。ライセンスは MIT です。

WebKnobMan で APNG のサポートをする用に作ったのであまり汎用的にはなっていませんが、何かにAPNGエクスポート機能を組み込む際の参考にはなるかなと思います。入力はフレーム毎の複数の PNG 画像で、これを展開/再圧縮せずにチャンクの組み換えのみでアニメーション化しています。

APNG は規格を Mozilla が発表以来なかなか普及しない時代が長くて、このまま消えてしまうのだろうかという危惧がかなりあったのですが、(最近まで知らなかったのだけど) Chrome が 2017年にサポートし、Edge もそのうち Chromium ベースになるらしいという事で主要ブラウザ全てで動くフォーマットになるわけですね。

その先はやっぱり WebP に移行するのかも知れないけど、当面安心して使えるアニメーションフォーマットになったのではないかな。

posted by g200kg : 7:33 AM : PermaLink

« 2019年06月 | 2019年07月のアーカイブ |


g200kg