RSS Twitter Facebook
DTM / シンセサイザー / VST / WebMusic 関係の技術情報を発信しています



2019/07/04 (2019年07月 のアーカイブ)

Chromium版Edgeはどんな様子なのかな?

Twitter Facebook

そう言えば Chromium 版 Edge の今の様子ってどうなのかな、という事で入れてみました。

Edge Insider のページで3つのチャンネルが用意されていますが、Beta チャンネルはまだ準備中で、現在使えるのは毎週更新される Dev チャンネルか毎日更新される Canary チャンネルです。

https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download

ちょっと触った感じでは、各種アイコンが今までの Edge ぽいとか、アドレスバーで適当に検索した時に Bing に飛ぶとか、デフォルトのフォントがちょっと違うとかいう点は目に付きますが、今までの Edge と Chrome のどちらに近いかと言えばやはり Chrome っぽい気はします。

ただ設定画面 ( edge://settings ) は Edge の方が項目ごとに整理されていて使いやすそうに見えます。

機能面では、ここ数日いじっていた APNG もちゃんと動きますし、WebAudioAPI も Chrome と同等、また WebMIDI API も Chrome と同様に動きます。良いですね。

癖の強すぎた input type="range" も今は Chrome と同じ look&feel です。



たしか数年前に Web Audio クラスタの一部で「 Edge に WebMIDI APIを実装してほしい 」というリクエストを Microsoft に送るブームがあったりしたのだけど、まさかこういう形で実現される事になるとは予想していませんでした。

アドレスバーに 「 edge://flags 」と入れると「chrome://flags」で見た事があるようなフラグ一覧の画面が出ますのでここで 「edge」で検索すると今 Microsoft で手を入れている最中と思われる機能が一覧できます。

「 OpenVR hardware support 」とか「 XR device sandboxing 」なんてのがありますね。Microsoft はこっち方向は力を入れるんでしょうね。

それから「 Microsoft Edge tracking prevention 」は数日前ニュースに流れていたトラッキング防止の機能。Chrome では単にトラッキング拒否リクエストのオン/オフだったのが 3 段階の設定になっているようです。

他には「 Enable Development API for IE mode 」とか。あまり関わりたくはないけど、これが噂の「 IE モード 」ですかね。これに関しては Microsoft も大変だな、としか。

という事で、Edge が Chromium 化する日も近くなってきましたが、この先どうなるのかはさっぱりわからないですね。レンダリングエンジンの多様性が失われる事の危険性に言及する人もいつつ、取り合えずクロスブラウザの互換性問題で悩む人は減少するのでしょうけど。

Posted by g200kg : 4:30 AM : PermaLink

2019/07/03 (2019年07月 のアーカイブ)

APNG アニメーション : APNGBuilder 公開

Twitter Facebook

https://github.com/g200kg/apngbuilder

複数のPNG画像からAPNG アニメーションを作成する Javascript ライブラリ、「APNGBuilder」を公開しました。ライセンスは MIT です。

WebKnobMan で APNG のサポートをする用に作ったのであまり汎用的にはなっていませんが、何かにAPNGエクスポート機能を組み込む際の参考にはなるかなと思います。入力はフレーム毎の複数の PNG 画像で、これを展開/再圧縮せずにチャンクの組み換えのみでアニメーション化しています。

APNG は規格を Mozilla が発表以来なかなか普及しない時代が長くて、このまま消えてしまうのだろうかという危惧がかなりあったのですが、(最近まで知らなかったのだけど) Chrome が 2017年にサポートし、Edge もそのうち Chromium ベースになるらしいという事で主要ブラウザ全てで動くフォーマットになるわけですね。

その先はやっぱり WebP に移行するのかも知れないけど、当面安心して使えるアニメーションフォーマットになったのではないかな。

Posted by g200kg : 7:33 AM : PermaLink

2019/06/29 (2019年06月 のアーカイブ)

Guitar knobs

Twitter Facebook

WebKnobMan の細かい所を色々修正しています。
* フレームビットマスクに対応していなかったので対応した
* テクスチャーの選択にサムネイルを追加
* ベジェのシェイプエディタがだいぶまともになった
* カラーピッカーが使いやすくなった
大きな変更点はこれくらいです。

https://www.g200kg.com/en/webknobman/

せっかくなので久しぶりにノブの絵をギャラリーに追加しておきました。


https://www.g200kg.com/en/webknobman/gallery.php?m=p&p=1463


https://www.g200kg.com/en/webknobman/gallery.php?m=p&p=1464



https://www.g200kg.com/en/webknobman/gallery.php?m=p&p=1465

で、ギターのノブをまじまじと見る事ってそうそうないので、どっち向きに描けば良いかちょっと迷った。
更に、レスポールはまだ「ここの数字を読むべし」というポインターが付いているのだけどストラトだと何もなくて、結局ギターを持っているプレイヤーの視点から見て文字が正立している所が現在の値という方向に付いているんだね。

今更ながらレスポールのノブの数字の刻印は 0 ~ 10 なんだけどストラトの場合は 1 ~ 10 なんだね、とか。

ボリュームのノブを絞り切っても "1" なのはおかしくない? とか思わなくもないのだけどフェンダーという会社はそんな細かい事は気にしなさそうというイメージがある。アンプのトレモロエフェクトをビブラートと呼んだり、音程が変わるアームをトレモロアームと呼んだりする会社だし。

Posted by g200kg : 8:33 PM : PermaLink

2019/06/11 (2019年06月 のアーカイブ)

Strober, the LED lights sequencer

Twitter Facebook

さて、今 Strober というLED照明用のシーケンサーを作っているのですが、これの設計資料はもう GitHub に置いておく事にしました。回路図とスケッチなど。とりあえずライセンスは MIT にしてあります。

いわゆるオープンソース・ハードウェア向けのライセンスとしては OSHW とかにすれば良いのだろうか? 普及してる?
例えばメイカーフェアに出展されている作品が OSHW として明確に宣言されているケースはどれくらいあるのだろうか? そのあたりは割ともやっとしている事が多いような気もする。


Posted by g200kg : 12:48 PM : PermaLink

2019/06/02 (2019年06月 のアーカイブ)

KnobGalley Restored

Twitter Facebook

I had to shut down KnobGallery, sharing space for KnobMan knob-files due to a database failure in May, but today it was restored and restarted.

I salvaged data as much as possible, but unfortunately some data was lost. If the data you uploaded is lost, it will be appreciated if you upload it again.

The KnobGallery now has over 1000 knob designs aggregated.
And also the browsability is improved. Have fun.


5月にデータベースに障害が発生したため、KnobMan .knobファイルのシェアリングスペースである KnobGallery を停止していましたが、本日、復旧して再稼働しました。

可能な限りデータのサルベージを行いましたが、残念ながら幾らかのデータは失われてしまいました。自分がアップロードしたデータが消えている場合は再度アップロードしていただければ幸いです。

KnobGallery には現在1000個以上のノブデザインが集積されています。
また今回改修により一覧性も良くなっていますので、ご活用ください。

https://www.g200kg.com/en/webknobman/gallery.php


Posted by g200kg : 5:05 PM : PermaLink

2019/05/25 (2019年05月 のアーカイブ)

KnobGallery is now under maintenance

Twitter Facebook

KnobGallery : KnobMan で作成したノブデータのシェアリングスペースのデータが壊れてしまったようです。出来る限り復元するつもりですが、しばらく時間がかかりそうです。

KnobGallery page data seems to be corrupted.
I will restore as much as possible, but it will take some time.

https://www.g200kg.com/en/webknobman/gallery.php


Posted by g200kg : 12:48 PM : PermaLink

2019/05/24 (2019年05月 のアーカイブ)

Meeting of Modular

Twitter Facebook

もう先週末の話になってしまいますが、5月19日(日)に三軒茶屋 Space Orbit で TFoM主催の Meeting of Modular というイベントが開催されたのでちょっと覗いてきました。

http://tfom.info/2019/05/15/meeting-of-modular/


このイベントはライブ、中古モジュールの販売などに加え、各社の新しい製品について開発者がちょっとレクチャーするという内容になっています。興味深いですね。

会場の様子、HATAKENさんライブ中
会場の様子。ErrorInstrumentsさんがレクチャー中
Clockface Modular さんの展示

という事で今回フィーチャーされていたのは、
 * CWEJMAN "SM-1"
 * Error Instruments "Cloudbusting eurorack wood"
 * Hikari Instruments "Monos"
の 3 機種です。

CWEJMAN のモジュールはハイエンドの真っ当なシンセモジュールなんですけど、Error Instruments "Cloudbusting" と Hikari Instruments "Monos" はなかなかの変化球です。

CloudBusting はパネルを見ても何がなんだかわからないですが、要するに各種のモジュレーション信号の出力と入力が裸のピンで立っているので、ワイヤーでショートさせるなりワニ口クリップで好きに繋ぐなりして雰囲気で使う、というもののようです。

そして、Hikari Instruments "Monos" の方はノイズ系のガジェットで、昨年11月のTFoMの時にも出ていたので中身が良くわからないまま少し触ったりはしていたのですが、今回のレクチャーで漸く理解しました。

オシレータ、ノイズジェネレータ、フィルターが内蔵されていて一見普通そうな構成なのに、なんとフィルターの入力は通常接続されていない、と。ノイズやオシレータの出力は入力の無いフィルターのカットオフ制御に接続されているだけです。という事で、え、これで音が出るの? みたいな回路構成なのに、自己発振寸前の状態になっているフィルターを横から突っついてシーケンス感のあるポップノイズみたいなものが出たりすると。

モジュラーで好きなようにパッチしている時にたまたま使えそうな音が出たので回路を固定してガジェットに仕立てたらしいですが、結構人気の製品になっています。

Posted by g200kg : 9:10 AM : PermaLink

2019/05/09 (2019年05月 のアーカイブ)

ガジェット向けの良い感じのケース

Twitter Facebook

なかなか良い感じのケースを見つけました。

http://www.takachi-el.co.jp/products/CF

多分昔からあったような気もするけど、タカチの CF というシリーズで、これの良い所はフロントパネルが1.5mmのアルミの平板を曲げもなくただハメ込んであるだけという点です。

パネルがただの平板なので、これを基板 ( 1.6mm だけど) で作ってしまえば差し替えられます。基板メーカーに頼めば丸穴だけでなく綺麗な角穴をあける事もできるしシルクも入れてくれる。更にパターンで何かを描くのも自由です。

横を開けるとこうなっています。

フロントパネルを基板で作るというのは、私を含めユーロラックシンセモジュール系ではまあ結構やってる人もいるのだけど、このケースを使うと一応ちゃんとした箱状態のブツが作れます。

難点はそれなりの値段がしてしまう事と深さ方向の制限が割と厳し目という所ですけど、ちょっとした独立ガジェットに仕立てるには丁度良いんじゃないかと思います。

という事でこの間まで触っていた雑な工作から一気に脱却しました。あれはあれで悪くはなかったのだけど触っている内に崩壊してきたので...。

Posted by g200kg : 6:15 PM : PermaLink



...更に以前の記事...


g200kg